ヒトカケルデザイン事務所

エッフェル塔前でのパフォーマンス体験談

Pocket

パリでやりたかったこと

2022年6月にパリに渡航して参りました。

パリでやりたかったことは、

①作品の展示

②ワークショップ

③作品の販売

④パフォーマンス

この中で①と②は渡航前に段取りをして

現地で実施することができました。

③と④に関しては当てがなく、

しかし、もしかしたらできるかもしれないと

一縷の望みをかけて、筆や作務衣を用意していました。

 

パリで出会った

仲間たちが素敵すぎた

成田空港から3名、関西空港3名が

ドバイ経由でパリに渡航しました。

男性3名、女性3名で、私が最年少でした。

最年少なのですが、一番荷物が重く、

何かと皆さんにはご心配やご迷惑をおかけすることに。

しかし、この出会った仲間がとても素敵な方々でした。

山形県酒田市から伝統木工職人さん

関西からアクリル画やサンドブラストの作家さんや、

楽団にも所属するドラム&パーカッショニストで

筆文字とパステルの先生、海外でも高い評価を受けるカメラマン、

そして、講演家の僧侶(←作品の展示とは関係なくパリに渡航!)

 

渡航1日目にして

パフォーマンスが実現

こんなことがすんなりできるとは思っていませんでしたが、

パリに着いて1日目の夜、みんなで会食をしている席で、

カメラマンが「エッフェル塔が近いので、

書道パフォーマンスでもしてみたら良いのでは?」

と思いもよらない提案を投げかけてくれました。

「いいんですか??」

実は、準備万端でしたので、「やる!」と即答。

夕食を終えた後、夜でも明るいパリの街に繰り出しました。

 

お酒やつまみを買って

エッフェル塔へ・・・

作務衣に着替え、掛軸を持ち、

みんなでお酒とおつまにを買いにスーパーへ。

実は、もう、そこからパフォーマンスは始まっていました。

私はアルコールがあまり取れないのですが、

とりあえず、赤ワインとペリエを購入しました。

そして、21時でも明るいパリの街を歩き出します。

 

土曜日ということもあり、街には人が溢れます。

エッフェル塔には、家族連れも多く、

まるでお祭りでもあるかのような賑わいです。

日本ではまだまだコロナ禍ですが、

パリではほとんどの人がマスクはしていません。

 

何を書こうかということを考えながら、

エッフェル塔が大分近づいたとき、

これにしよう!という言葉が浮かびました。

 

エッフェル塔前の広場に着くと。

芝生の上で準備を始めました。

辺りは少し暗くなっていましたが、

大勢の人が夜を楽しんでいました。

 

パフォーマンスの準備と撮影の準備ができ、

いざ、パフォーマンススタート

https://www.instagram.com/reel/CerzmjCjrMP/?utm_source=ig_web_copy_link

 

完成!!

作品を囲んで乾杯!!

書きあがった作品とエッフェル塔の前に撮影

そのとき、エッフェル塔が

シャンパンの泡のように光り出しました。

 

奇跡の1枚

その状況で撮ってもらったのがこちらの作品です。

まさに一期一会の出会いの中で生まれた奇跡のような瞬間

後日仕上がったこの作品は衝撃的でした。

合成ではなく、こんな写真が撮れるの??

 

撮影したご本人もなぜ撮れたのか分からないと

話す奇跡の写真です。

 

あまりに素晴らしかったので、帰国後すぐに、

この写真と作品で巡回展をしようと決めました。

また、その作品展に合わせて、カメラマンの松尾圭一郎氏が

富山で撮影会を開催してくださる運びに。

 

【協働実績】

滑川市で2回(7月、8月参加者34名)

上市町で1回(9月参加者10名)

立山町~高岡市でウェディングモニター撮影1組

 協力:貸衣裳の和楽、ヘアメイク:幸田恵)

 撮影地:KOTELO(芦峅寺)、糧(立山町)、雨晴海岸

富山市で撮影講座1名(9月参加者19名)

 

帰国してから間もない間に、

写真と書道のコラボレーションによる可能性を

沢山見せていただきました。

 

フランスに渡航して本当に良かったと思います。

作品だけを送っていたらこの出会いはありませんでした。

一生もののかけがえのない出会いに感謝です。

 

帰国後、ほかのアーティストさんにも会いにいきました。

パリでの出会いと共に過ごした時間が尊すぎて、

夢のようだったので、現実がどうか確かめる気持ちで。

日本で会えたら、これは現実だった!と実感できる。

そして、実際、ちゃんと会えました(笑)

 

今後の展望

きっと、今後も何かでコラボレーションすると思います。

今、みんなで考えているのは、

フランス渡航から1年後展示です。

フランスに展示した作品と、

フランス渡航を経験してできた作品を展示するグループ展を、

富山で開催しようという構想です。

 

2023年6月頃を予定しています。

私が初めての個展をした滑川の地になることが有力です。

 

みんなお忙しい作家さんなので、

予定を合わせることが中々難しいのですが、

全員の作品が集まる空間は

きっと素晴らしいパワーが集まると思います。

 

また、2023年11月には

イタリア・フィレンツェに渡航したいと考えています。

資金的な面で課題はありますが、

後1年、なんとかがんばります。

富山の産業×デザイン書道で世界一の作品を目指します。

是非とも応援よろしくお願いいたします。

ご依頼のお問い合わせはこちら

ご依頼のお問い合わせはこちら

名刺やロゴ、チラシ等、ブランドイメージに合った書体デザインをお届けします。地域活性化をはじめとし企業や店舗、ご依頼者様の魅力を最大限に引き出し、プランニング・コピーライティング・デザインを通じて、集客や売り上げの向上へお繋ぎします。
ご依頼はメールよりお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い

    この記事を書いた人

    千馨 -senkei-

    富山県でデザイナー・デザイン書道作家をしています。人柄や企業のブランドイメージを手書き書体でデザインし、お仕事に繋げます。
    活動理念は【地域繁盛】【地球円満】です。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    名刺・ロゴ・記念品等、あなたの魅力を引き出すのデザイン書道をお届けします。

    まずはご相談から まずはご相談から arrow_right
    PAGE TOP